株式会社 eTEC Marketing
革新技術の事業化・業容拡大の総合プロデュース English
お知らせ
2021年6月20日

特集「2050年脱炭素化社会の実相に迫る」を連載します。今回は、その1回目として、

特集「2050年脱炭素化社会の実相に迫る」(その1)再生可能エネルギーの導入量について

を掲載します。

2019年11月25日

東京工業大学物質理工学院材料系セミナーで「Arriving a decarbonized society: 1) development of energy storage system and 2) 2050, Goal image of energy-related industries」を講義。

2019年8月8日

第28回日本エネルギー学会大会(関西大学)で熱を利用した蓄エネルギー発電 その1;全体システムおよび電熱変換技術、その2;事業実現性に関する検討を共同発表。

2019年7月1日

環境省の「熱を活用した次世代型蓄エネルギー技術実用化推進事業」における「熱電発電モジュールを軸とした蓄熱エネルギー利用システムの開発・実証」課題の一環として、「熱電発電システムの事業性調査(その2)」を受託。

2018年12月1日

環境省の「熱を活用した次世代型蓄エネルギー技術実用化推進事業」における「熱電発電モジュールを軸とした蓄熱エネルギー利用システムの開発・実証」課題の一環として、「熱電発電システムの事業性調査」を受託。

2018年5月28日

東京工業大学物質理工学院材料系セミナーで「会社に入ったらどんなことができますか?(企業における開発事例と技術者の心構え)」を講義。

2017年10月24日

大阪市立大学理学研究科、工学研究科合同講演会で「企業内化学技術者が骨太な開発テーマをどうしたら見つけられるだろうか?」をテーマに特別講演。

2017年7月7日

‘2nd German-Japanese Workshop on Renewable Energies’ で “Thermoelectric Desalination System with Solar Thermal Storage” を発表。

2016年3月18日

産業革新機構㈱オープンイノベーションプラットフォーム・「KKフォーラム」最終総括会議で「私の考えるオープン・イノベーション考」を特別講演。

2016年3月4日

‘Japanese-German Workshop on Renewable Energies 1-4 March 2016, Tokyo’で‘Desalination Using Solar and Wind Power’が紹介される。

2016年2月4日

アイさぽーと MOTスクール アントレプレナーシップ実践編に出講。「オープンイノベーション型事業開発について(2)」講演。

2016年1月12日

東京都下水道局 「平成27年度技術経営(MOT)研修」の終了にあたって「技術経営の実践に向けて」を特別講演。

2015年8月20日

アイさぽーと MOTスクール アントレプレナーシップ実践編に出講。「オープンイノベーション型事業開発について(1)」講演。

2015年3月15日

「熱エネルギー高度有効利用と省エネルギー技術」フロンティアテクノシリーズNo.18が3月15日にフロンティア出版から発刊された。この第2章6節「太陽熱発電と太陽熱利用海水淡水化」を堀田代表が執筆。熱エネルギーの高効率な活用は、わが国におけるエネルギー政策にとって最重要な課題の一つとなっており、熱エネルギーを有効に活用するための技術開発が精力的に推進されている。本書は、熱エネルギー利用技術をエクセルギーの視点から整理し、熱エネルギーを有効に活用する技術体系について、最新の技術・研究開発状況と、すでに活用している事例、今後の展望などについて、余すところ無く紹介されている。詳しくは こちら

2015年3月12日

平成26年度JICA研修「低炭素化社会実現のための発電技術」コースで“Solar Thermal Applications”を講義。

2015年2月25日

Japan German Wind, Sun and thermal Power Workshop(Sttutgart, Germany)で “Desalination Using Solar and Wind”の招待講演。

2014年11月10日

平成25年度JICA研修「低炭素化社会実現のための発電技術」コースで“Solar Thermal Applications”を講義。

2014年11月07日

Japan-German Wind Sun Thermal Power Workshopで“Solar Powered Desalination with Thermoelectric Generation”の招待講演。

2014年06月9日

平成26年度JICA研修「低炭素社会実現のための発電技術」コースで“Solar Thermal Application”を講義。

2014年03月10日

東京ライフサイエンスインキュベーションセンター第51回ビジネススクールで「オープンイノベーションによる新事業創出」を講演。  http://tlic.incubation-center.com/140127.htm

2014年02月24日

平成25年度JICA研修「低炭素化社会実現のための発電技術」コースで“Creation of solar powered civil infrastructures for next generation”を講義。

2013年11月19日

平成25年度JICA研修「低炭素化社会実現のための発電技術」コースで“Creation of solar powered civil infrastructures for next generation”を講義。

2013年9月24日

平成25年度JICA研修「低炭素化社会実現のための発電技術」コースで“Creation of solar powered civil infrastructures for next generation”を講義。

2013年7月10日

「多様な熱源に対応する熱電発電システム技術」?熱電学シリーズ? (S&T出版)の第5章2節「熱電発電を組み込んだ太陽熱利用淡水化システム」を堀田代表(東京工業大学特任教授)が執筆。本書は、新たな創エネルギー技術のひとつである熱電発電技術の中のシステム化技術に焦点を当てて、熱電発電システムの現状と将来展望について体系的に詳述した技術専門書である。第5章2節では自然エネルギーの太宗ともいうべき太陽エネルギーを究極の熱源として開発中の新機軸な熱電発電組込海水淡水化システムを取り上げ、システムを取り巻く技術的進展、社会的環境について、適宜概説して将来への展望の一助としている。詳しくは→こちら

2013年6月4日

平成25年度JICA研修「低炭素化社会実現のための発電技術(1)」コースで“Creation of solar powered civil infrastructures for next generation”を講義。

2013年3月7日

平成24年度JICA研修「低炭素化社会実現のための発電技術」コースで“Creation of solar powered civil infrastructures for next generation”を講義。

2012年11月16日

日本の半導体を再成長させる会にパネリスト出演。

2012年11月14日

日本政策投資銀行および日本経済研究所が主催する「競争力強化に関する研究会」のアドバイザー就任。

2012年10月19日

第12回北九州学術研究都市産学連携セミナー‘再生可能エネルギーを考える’で「太陽熱エネルギーに活用を考える!」の基調講演。

2012年10月12日

技術情報センター セミナーにて「太陽熱利用熱電発電システムによる海水淡水化技術」を講演。

2012年10月2日

JST-Joint Workshop on thermoelectrics (at Nagoya Univ.)で‘Solar Powered Desalination Using Thermoelectric Generation’を招待講演。

2012年8月30日

ホームページリニューアル

2012年6月11日

「太陽熱活用海水淡水化プロセスの開発」がTHE NIKKEI WEEKLY 20ページTECHNOLOGY面で紹介される。 “Projects take advantage of desert to produce solar thermal energy” We are going to have to make water, said Tokyo Tech Prof. Yoshiharu Horita.・・・・・詳しくは→ こちら

2012年5月23日

日経産業新聞の先端技術特集「フロンティア知恵を絞る」で開発中の「太陽熱活用海水淡水化プロセス」が紹介される。 “サウジで低コスト造水” 世界は安全な水を飲めない人が2006年時点でも8億8400万人。50年には40億人に達する見通しだ。中東や北アフリカでは地下水が枯渇しつつある。「水をつくるしかない」。東京工業大学の堀田善治特任教授は危機感を募らせる。・・・詳しくは→こちら

2012年2月8日

セミナー「熱電変換モジュールと熱電発電に関する技術開発及び応用・評価」((株)技術情報センター主催)で太陽熱利用熱電発電システムを紹介。詳しくはhttp://www.tic-co.com/seminar/20120207.htmlをご覧ください。参加ご希望の方はご連絡いただければ便宜を図れます。

2011年11月15日

「熱電変換技術の基礎と応用」日本熱電学会編纂(シーエムシー出版)の第5章3節「太陽熱利用熱電発電システム」を堀田代表(東京工業大学特任教授)が執筆。 本書は様々な分野で研究開発をされている読者に、分野を横断して、熱電変換に関する技術について基礎学術から材料、応用まで網羅すると同時に、現状から将来へのロードマップ的に編集されています。購読希望の方は弊社お問い合わせまたはシーエムシー出版 http://www.cmcbooks.co.jpまで。

2011年11月1日

「世界の水事情と太陽熱活用海水淡水化」(東京工業大学特任教授堀田善治)が近畿化学工業会 Vol.63 No.11, 1 (2011)に掲載。

2011年9月4-9日

International Desalination Association WORLD CONGRESS 2011(Australia)に参加。「Solar Thermal Energy Seawater Desalination 」を共同発表。

2011年8月1日

本店を港区港南4−6−1 ワールドシティタワーズ22階より 港区海岸1−7−8 東京都立産業貿易センター浜松町館6階に移転。

2011年7月12日

8th Asia Pacific Conference on Sustainable Energy & Environmental Technologies(APCSEET)2011(Australia)で「Solar Powered Desalination」をSession keynote lecture.

2011年6月24日

近畿科学会 東京サロン夏季合宿で「世界の水事情と太陽熱活用海水淡水化」を招待講演。

2011年6月11日

日本ベンチャー学会カーブアウト・知財活用部会緊急フォーラム で「東北復興に太陽熱エネルギーの活用を!」を基調講演。

2011年4月17-20日

Water Desalination Conference in the Arab Countries(Saudi Arabia)に参加。「Solar Thermal Desalination using Thermpoelectric Power Generation」を共同発表。

2011年3月8日

再生可能自然エネルギーに関する啓蒙書を共著出版。 「太陽熱エネルギー革命」 (日経プレミア・シリーズ)日本経済新聞出版社

〜推薦の言葉〜

人類はエネルギーおよび気候変動の危機に直面している。だが、この危機は人々が地球市民であることを十分意識して行動を開始すれば、手遅れになる前にシステマティックに回避できる。そのためには、地球上で最もパワフルな手段に訴える必要がある。…続きは https://www.nikkeibookvideo.com/book_detail/26094/

―NPO法人DESERTEC(デザーテック) 財団理事長、ゲアハルト・クニース―

2011年2月1日

海外化学大手企業より大量工場排水のリサイクル利用に関する技術開発ならびにプログラム・オフィサー業務を受託。

2010年11月1日

“JETRO Green Device 2010” 展示会にて、代表が国内企業と海外企業との商談・マッチングコーディネーターに。 日米欧中複数企業のマッチングに貢献。

2010年11月1日

政令指定都市関連財団より“次世代持続可能社会インフラ構築に関する調査”業務を受託。

2010年7月15日

Australia Desalination Summit 2010 で代表が「Solar Thermal Desalination」を講演。

2010年4月1日

台湾・中国への日本技術移転サポート業務開始。 ITC関連事業企業より海外事業・業容拡大のプロデュース業務を受託。

2010年3月16日

産業革新機構オープンイノベーションプラットフォームKKフォーラで「地球規模の課題とエネルギーシフト」を基調講演。

2010年3月1日

堀田代表取締役が株式会社産業革新機構のオープン・イノベーション・プラットフォームのコーディネーターに。新規事業創出に向けた検討の場(KKフォーラム)を主宰。 (産業革新機構ニュースリリースより)

2010年2月20日

ホームページ立ち上げ。

2009年12月14日

弊社共催で「景気回復セミナー:アジア市場の変革の潮流に今後の成長機会を観る」 を開催。堀田代表取締役、大津留取締役、豊崎取締役、尹取締役が講演。

2009年10月10日

九州地区経済関連財団からの“次世代環境エネルギー高効率化社会基盤構築における熱電エネルギー利用システム調査研究”業務を再受託。

2009年10月1日

創業。革新技術の事業化、業容拡大の総合プロデュース事業を開始。